ヨーロッパ

2/2ページ

ザグレブから絶景プリトヴィツェ国立湖群公園への行き方と公園内散策ルートを紹介@クロアチア【海外観光情報】

こんにちは。 クロアチアは最近、観光地としても日本でよく知られるようになりました。クロアチアの世界遺産の1つ、プリトヴィツェ国立湖群公園もクロアチアに行ったときは外せない観光スポットです。 今回は首都ザグレブからプリトヴィツェ湖群国立公園への行き方と少しだけ園内情報をお伝えします。   プリトヴィツェ湖群国立公園とは クロアチアの世界遺産の1つで、大小様々な大きさの湖が集まる場所です。 これらの湖は1つ1つ高さが違うところにあり高低差があるため、湖から湖へ流れる水が滝の様になります。湖の周りや中に散策コースが設けられていて、澄んだ綺麗な水や木々の緑を眺めながら散策(ハイキング)が出来 […]

バーリからドゥブロブニクへのフェリーでの行き方@イタリア クロアチア【海外移動情報】

こんにちは。 今日はイタリアの南部の街「バーリ」から、クロアチアの「ドゥブロヴニク」までの行き方を紹介します。バーリからドゥウロブニクまではフェリーが就航しています。 ※2016年4月時点での情報です。 フェリー会社「ヤドロリニヤ」 バーリからドゥブロヴニクを結ぶフェリーを運航している会社はJadrolinija(ヤドロリニヤ)社です。 会社HP:http://www.jadrolinija.hr/en/ferry-croatia HPからネットでの予約ができます。   フェリーの予約から乗船まで チケットの予約 チケットはバーリの港の窓口でもネットでも購入可能です。 ネットで予約し […]

欧州最大級のシテ科学産業博物館への行き方と館内の展示をちょこっと紹介@フランス【海外観光情報】

こんにちは。 実は私、科学館や博物館、図書館などの類が好きなのです。そしてフランスのパリには「欧州最大級」の科学博物館があるとの噂を聞いて実際に行ってみました。欧州で最大級です。さぞ大きな科学館に違いありません。 早速、今回はその科学館への行き方と中身を紹介します。   シテ科学産業博物館とは シテ科学産業博物館とはパリ郊外にある展示型の科学博物館で、その規模は欧州最大級とらしい。展示物は標本などではなく実際に触って、操作できる簡単な装置が置いてあり、子ども達が操作しながら「何故?」を考えるような仕組みになっています。建物は科学博物館、プラネタリウム、潜水艦、IMAXシアターなどから […]

ザルツブルクからハルシュタットへのバスでの行き方@オーストリア【海外移動情報】

こんにちは。 今回はオーストリアの世界遺産『ハルシュタット』へのローカルバスでの行き方を紹介します。乗換えが何度かありますが、ゆっくり旅するのも良いものですよ。 ※2016年4月時点での情報です。 バスの時刻等は変わっている可能性もあるので、自身にて確認お願いします。   バスを使うワケ ザルツブルクからハルシュタットの直通のバスは無いようで、ローカルバスを3本乗り継いで向かいます。およそ3時間弱かかります。もちろんハルシュタットまで鉄道で行く方法もあります。が、私は以下2点を考慮して、バスで行くことを決めました。 ハルシュタットの駅が街中心部から離れている 駅と街中心部は湖を隔てて […]

フランス パリからベネチアまでのバスで移動する方法@イタリア【海外移動情報】

こんにちは。 ヨーロッパを移動するときは、皆さん鉄道のイメージが強いと思いますが、各国間をできるだけ安く移動したい!という時は、やはりバスが一番安く済みます。 ヨーロッパ内で最安の移動方法を見つけるアプリは別記事にて紹介しています。参照ください。 さて今回、私はフランス パリからイタリア ベネチアまで夜行バスで移動しました。その所要時間なんと…19時間!!人生で最大となるバス乗車時間でした。その行き方と注意点をお伝えします。   パリからはたくさんのバスが発着している フランスのパリは言わずと知れたヨーロッパ有数の大都市なので各国に向かうバスも多数あります。例えば隣国イタリア、スペイ […]

プラハからクトナーホラのセドレツ納骨堂への電車での行き方@チェコ【海外移動情報】

こんにちは。 今回は、チェコのクトナーホラにあるセドレツ納骨堂への行き方を紹介します。(2016年4月頃の情報です)   セドレツ納骨堂とは 元々墓地であったこの土地に、イエス・キリストが磔にされた地『ゴルゴダの丘』の土を撒いたことで聖地とされたようです。 その事がヨーロッパ中に知れ、多くの埋葬希望者が現れ墓地が拡大されていったようです。 伝承によれば、シトー会セドレツ修道院の修道院長であったハインリヒなる人物が1278年、プシェミスル朝のボヘミア王オタカル二世によってエルサレムに使節として派遣された。ハインリヒは帰還に際してゴルゴダの丘の土を手に一杯持ち帰り、その土を修道院墓地に撒 […]