世界一周の目安の費用って一体いくら?実際に1年半の旅費全てを洗い出してみた【旅ハック】

世界一周の目安の費用って一体いくら?実際に1年半の旅費全てを洗い出してみた【旅ハック】

こんにちは。

世界一周と聞くと、莫大なお金がかかりそう…とすぐに考えてしまうかもしれません。お金がかかることはかかるんですが、絶望的な金額ではありません。

ということをお伝えしたいです。

 

スポンサードリンク

結論から。一体いくらかかったの?

私は2016年1月~2017年2月までの2年間(日本に帰国していた時期もあったので、実質1年半です)、日本を出発し東南アジア、ヨーロッパ、中央アジア、アフリカ南部、中米、南米、オセアニアの計約40か国を旅行してきました。

結果から言うと、旅行中の全てに掛かった金額は約250万円/人です。妻と2人で旅行していました。

 

高いでしょうか?

 

旅行期間は人それぞれなので1日平均を出してみると…約5,000円/日で過ごしていたことになります、私は妻と一緒だったので2人で約10,000円/日。こう聞くと想像しやすいかと思います。

私は出発前に1日5,000円で過ごす前提で予算を組んでいたので、大体予算通りにできたと思っています。これくらいの金額があればある程度綺麗な宿(個室ではない)に泊まり、ある程度快適に移動し、少し余裕のある旅行ができました。

 

金額の内訳は?

上の地図は私の世界一周ルートの地図です。西へ東へかなり行ったり来たりしています。

では、このルートでの旅費の内訳をみていきましょう。

一番割合が多いのが航空券で34.6%、次に宿泊費20.4%、航空券を除く交通費16.3%、食費13.1%そして観光費8.7%となっていました。

 

航空券代が異常に高い理由

飛行機

私の内訳の中での特徴は、やはり航空券代が異常に多いところでしょうか…。

この理由としては、私はどちらかというと順を追って進んでいくというよりは、その国のベストシーズンなどの季節を追いながら進み、また単に移動がめんどくさいという理由で飛行機を多用したため航空券代が嵩みました。飛行機を利用したのは回数にすると30回以上です。

この航空券代は陸路移動(バスなど)に替えればかなり圧縮できます。どうしても飛行機で行かなければならない場合もあるので、単純に飛行機に乗る回数を半分にして航空券代を平均3万とすると、それだけで50万円近く減らすことは可能でしょう。

 

ただしこれはその人の旅行のスタイルによります。何を優先するのか?

私は全て諸々計算して予算内に入っていればOKだったので、何十時間バスに揺られて移動するよりも飛行機で移動することを選択しました。その分、観光費や食費、宿泊費を抑える必要はあります。

 

日々の生活の内訳は?

お金

ちょっと航空券代を除いた内訳を見てみます。

そうすると宿泊費が30%程度、食費と交通費、観光費とその他(雑費、お土産など)が20%程度というバランスになっています。

私の考えとして、移動費に関してはあまりケチり過ぎない方が良いような気がします。ローカルな移動方法は確かに安いですが安全の部分で不安もありますし、時間もかかるし、キツイことも多いです。お金と時間、体力との兼ね合いを考えてみてください。

食費や宿泊費は、自炊をしたり、ドミトリーに泊まったりすることで自分で計算して圧縮することができます。観光の費用も興味がない、価格が高い(コストに見合わない)ところは飛ばしてしまえば良いわけです。

 

旅行期間に対してかなり潤沢な資金がない限り、交通費、食費、宿泊費、観光費のどこにお金をかけるかを考える必要があります。

 

具体的な数字で見てみる

1年半の旅費でかかった金額を出してみます(1人当たりです)。

  • 宿泊費:45万円
  • 食費:30万円
  • 交通費:35万円
  • 観光費:20万円
  • その他(雑費、お土産など):15万円

宿泊費:基本的にはドミトリーに宿泊していました。2人だったので個室はドミトリーより安いか、同程度の場合に宿泊していました。

食費:物価の高いヨーロッパなどの国はほぼ自炊、ただし食べたいものにはちゃんとお金をかける。物価が安いところは外で食べるといった感じでした。物価の安いところでは自炊する労力を考えれば外で食べた方が安くつきます。

交通費:長距離の移動は陸路、飛行機(LCC)の金額を見て決定していました。お金と時間を天秤に。

観光費:どうしても行きたいところ以外のお金のかかる観光地はあまり行っていません。興味のないところに「せっかくだから…」はあまり無かったと思います。

その他:お土産は本当に欲しいものしか買っていません。日本へ送る費用も含まれています。あとは壊れたものなどの補充などです。

 

大体の目安として見てみてください。ポイントは宿泊費は極力抑える、食費はきちんと抑える時は抑えながら時々リッチに、だと思います。特に食が乏し過ぎるのは精神衛生上、本当にNGです。

 

世界一周への準備の費用

さて、今までは旅行中の費用を見てきましたが、ここからは旅行に出る前の準備費用について書いていきます。

ここについては細かい詳細はあまり記録していないのですが…、大きな出費となるのは以下の2つです。

  • 予防接種
  • 海外旅行保険

予防接種はしなければ、しないでも良いのですが基本的にしましょう。自分の身体を守るために。

海外旅行の渡航や世界一周で必要な予防接種の種類、費用、機関などについてまとめてみた
海外旅行や渡航の際に検討すべき予防接種についてまとめてみました。受けるべき予防接種の種類や費用、場所など海外に行く1~2か月前から検討を始めて、手遅れにならないようにしておきましょう。

 

海外旅行保険が一番大きな出費になるでしょう。私の場合は家族も保険が適用されるプランに入り約40万円/年がかかりました。現在海外旅行保険が掛けられるのは最長1年で、それ以上の場合は更新するという形になります。

高額な保険ですが、旅行中に病気やケガをしたとき、盗難にあったとき、物が壊れたとき、飛行機が遅延した時などの補償があるので、旅行が長くなればなるほど入っておいた方が良いです。私も旅行中に何度も保険のお世話になりました。

その他の準備するものは人によって様々です。バックパックやパソコン、カメラ、服など細かいものを合わせると結構かかる可能性もあります。

必要な旅グッズはこちらにまとめています。

 

世界一周にかかる費用まとめ

最初に戻ると、1年で約200万円あれば少し余裕のある世界一周の旅ができます。1か月15万円あれば良いので、半年で一周する場合は90万円。

こうやって金額だけを見ると非現実的な金額ではないと思いませんか?

100万円あれば世界一周ができる。そんな世の中になっているのです。

 

旅行をもっと快適にするアイテムもチェックしてみてください。

空港ラウンジサービスなら【PriorityPass】

【旅グッズ】海外旅行、飛行機多用する人にはもはや必需品となっている楽天プレミアムカードをおすすめする理由。
突然ですが…「楽天カード持ってますか?」海外のみならず、国内旅行でも威力を発揮する「楽天プレミアムカード」。その理由とカードのメリット、デメリットをお伝えします。海外旅行に便利なプライオリティパスが年間1万円で使用できるのは旅行者にとって非常に大きい存在です。ただし注意点もあるので楽天カードは気を付けて使いましょう!