なぜ23mmと35mmのレンズを購入したのか?FUJIFILM X-T30

なぜ23mmと35mmのレンズを購入したのか?FUJIFILM X-T30

2019年夏、X-T30を購入しました。
一緒に買ったレンズが、23mmF2、35mmF1.4。ズームレンズではなく、単焦点レンズにしました。

新しいカメラFUJIFILM X-T30を購入しました!


一緒に買ったレンズが、23mmF2、35mmF1.4。ズームレンズではなく、単焦点レンズにしました。

なぜこのチョイスにしたのか。それを書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

ズームではなく、単焦点レンズにした理由

僕がこのカメラを欲しがった理由が、FUJIFILMの写真の色味が好きだ、ということに気づいたことと、コンパクトなミラーレスにしたかったということ。

要は、軽く!コンパクトに!カメラを持ち出せるようにしたいという願望がありました。

FUJIFILMズームレンズのチョイスとして、XF16-80mmF4 R OIS WRあたりが候補になりましたが、重さが440g!
趣味として日常を撮っていければ良かったので、多少の画角の不便さは気にしないだろうと考えて、この時ズームレンズの選択肢を外しました。
その代わり単焦点を2本買おう!と。

じゃあ単焦点の何mmのレンズ買うの?

そうなるよね。いろいろ調べました。

まずは、中望遠〜望遠。
これは日常使いとなると、結構使いにくくなる。確かに背景のボケとか、スマホとかとは一味違う写真が撮れるかもしれないが、距離取らないといけなくなるので、却下。
50mm以上のレンズは候補から外しました。

※ここで注意

よく標準的なレンズは50mm近辺というのをよく見かけますが、コレはフルサイズの時の話です。APS-Cサイズのカメラだと、約1.5倍の焦点距離になります。ということは50mm×1.5 = 75mmとなり、立派な中望遠です。

APS-Cの場合で50mmの画角が欲しければ、50mm / 1.5 = 33.33…mm。33mmくらいのレンズが標準となります!

ということで

XF35mmF1.4 Rの購入を決定

FUJIFILMユーザーに長年愛されているという、標準レンズ。
まずはこれを買っておけば、間違いは無いかと思いました。実際、これを買っておけば間違いはないです。
標準の画角ということもあり、人とか風景とかいろんな場面で使えます。そんなに距離を取らなくでも大丈夫なので室内でも全然問題ありません。
でもやっぱり50mmは多少狭く感じる時があります。何か一点にフォーカスした写真であれば一番使いやすい画角ではないでしょうか。

気になる点としたら、AFのモーター音が結構大きい。速度は全く問題ないですが、ジー、ジーと言う音がなかったらなー、時々思うのも事実です…。

迷った末にXF23mmF2 R WRを購入決定

さて、もう1つのレンズはどれくらいのものにしようか…。
16mmとか18mmなど広角にするか、パンケーキレンズくらい思いっきり軽くしてみるかなどなど。
ただ広角の単焦点って、使える場面が意外に限られるような気がするんですよね、風景とか。人も写そうとすると広すぎる気がします。そう考えると、もうちょっとだけ狭い画角が良いと思い23mmを選びました!

35mm換算で35mmの焦点距離(ややこしい…)なので、なんか広くもなく、狭くもなくといった感じですかね。よく言えば万能。悪く言えばありきたり。
人と風景を一緒に入れたい時とか、なんか何でもないものを撮るときはとても使いやすい画角です。
僕はFUJIFILMの写りとありきたりな画角が好きだったりします。ただただ何気ない、そのままを取り出したような感じが好きです。

軽くて防塵防滴な使用もグッドなてんです。静かだしAFも速いし、特に何も言うことありません!

何も不自由なく使えてます

何か不便が出たときは、そのとき考えれば良いやと思って買った2つのレンズですが、今のところ何も不満はありません(時々、一瞬だけ望遠側欲しい!となりますが笑)

いつもは23mmをつけて、もうちょっとというときは50mmに付け替えて過ごしています。手軽に撮れて、とても良いです。