ヨーロッパ

5/5ページ

欧州最大級のシテ科学産業博物館への行き方と館内の展示をちょこっと紹介@フランス【海外観光情報】

シテ科学産業博物館

こんにちは。 実は私、科学館や博物館、図書館などの類が好きなのです。そしてフランスのパリには「欧州最大級」の科学博物館があるとの噂を聞いて実際に行ってみました。欧州で最大級です。さぞ大きな科学館に違いありません。 早速、今回はその科学館への行き方と中身を紹介します。   シテ科学産業博物館とは シテ科学産業博物館とはパリ郊外にある展示型の科学博物館で、その規模は欧州最大級とらしい。展示物は標本などではなく実際に触って、操作できる簡単な装置が置いてあり、子ども達が操作しながら「何故?」を考えるような仕組みになっています。建物は科学博物館、プラネタリウム、潜水艦、IMAXシアターなどから […]

パリで宿泊した格安おすすめホテル、ホステル、宿@フランス【海外宿情報】

フランスはパリ。世界で最も有名な観光地の一つです。 と同時に私のようなお金の限られているバックパッカーや宿代は節約したい短期個人旅行の方にはちょいと厳しい街です。私も今回はほんの数泊しかしませんでしたが…。私が実際に泊まったパリのホテルを紹介します。 ※2016年2~3月時点での情報です。 Hotel de Nantes 部屋:ダブル 料金:33€/泊 設備:WiFi(速度問題なし)、暖房、部屋に洗面台あり、シャワー室、共用トイレ 場所:3 rue Boulay, Paris, 75017 フランス 風呂:シャワー室は綺麗です。 各階に1つありますが、排水が詰まり気味のところもありました。 良 […]

ザルツブルクからハルシュタットへのバスでの行き方@オーストリア【海外移動情報】

BUS

こんにちは。 今回はオーストリアの世界遺産『ハルシュタット』へのローカルバスでの行き方を紹介します。乗換えが何度かありますが、ゆっくり旅するのも良いものですよ。 ※2016年4月時点での情報です。 バスの時刻等は変わっている可能性もあるので、自身にて確認お願いします。   バスを使うワケ ザルツブルクからハルシュタットの直通のバスは無いようで、ローカルバスを3本乗り継いで向かいます。およそ3時間弱かかります。もちろんハルシュタットまで鉄道で行く方法もあります。が、私は以下2点を考慮して、バスで行くことを決めました。 ハルシュタットの駅が街中心部から離れている 駅と街中心部は湖を隔てて […]

フランス パリからベネチアまでのバスで移動する方法@イタリア【海外移動情報】

BUS

こんにちは。 ヨーロッパを移動するときは、皆さん鉄道のイメージが強いと思いますが、各国間をできるだけ安く移動したい!という時は、やはりバスが一番安く済みます。 ヨーロッパ内で最安の移動方法を見つけるアプリは別記事にて紹介しています。参照ください。 さて今回、私はフランス パリからイタリア ベネチアまで夜行バスで移動しました。その所要時間なんと…19時間!!人生で最大となるバス乗車時間でした。その行き方と注意点をお伝えします。   パリからはたくさんのバスが発着している フランスのパリは言わずと知れたヨーロッパ有数の大都市なので各国に向かうバスも多数あります。例えば隣国イタリア、スペイ […]

プラハで宿泊したおすすめホテル、ホステル、宿@チェコ【海外宿情報】

こんにちは。 チェコ プラハの格安おすすめホテル・宿を紹介します。実際に私がプラハで実際に宿泊した宿、ホテルです。(2016年3〜4月時点での情報です) Chilli hostel 部屋:ドミトリー 料金:5ユーロ/泊/人 設備:WiFi(共用スペースのみ)、共用シャワー(温水)、トイレ、共用パソコン、キッチン 場所:Pštrossova 7, Prague 01, Prague, 11000, チェコ 部屋:きベッドのマットレスが薄すぎてベッドフレームが痛い 風呂:きれい 良点: 24時間受付で便利です。 悪点: 上にも書いていますがベッドがかなり悪いです。最悪、寝れません。 ⇒この宿の予約 […]

プラハからクトナーホラのセドレツ納骨堂への電車での行き方@チェコ【海外移動情報】

train

こんにちは。 今回は、チェコのクトナーホラにあるセドレツ納骨堂への行き方を紹介します。(2016年4月頃の情報です)   セドレツ納骨堂とは 元々墓地であったこの土地に、イエス・キリストが磔にされた地『ゴルゴダの丘』の土を撒いたことで聖地とされたようです。 その事がヨーロッパ中に知れ、多くの埋葬希望者が現れ墓地が拡大されていったようです。 伝承によれば、シトー会セドレツ修道院の修道院長であったハインリヒなる人物が1278年、プシェミスル朝のボヘミア王オタカル二世によってエルサレムに使節として派遣された。ハインリヒは帰還に際してゴルゴダの丘の土を手に一杯持ち帰り、その土を修道院墓地に撒 […]

1 5